電源三法交付金整備計画策定調査 / 1997

模型-1:南側

-

模型-2:河川側自然石擁壁積層

-

河川側スラブ構造

-

ソーラー / 風力発電システム

-

cliant : 群馬県上野村
ploject name : 通産省/資源エネルギー庁「電源三法交付金整備計画策定調査」
unit:有限会社印南総合計画

-

群馬県上野村における、神流川発電所設置に伴う三法交付金の整備計画です。
上野村の集落機能や人的資源の集積を図り、区域を村のプロトタイプとして運営するとともに、
宿泊可能な観光施設としての役割も形成します。
生活動線と観光動線が錯綜することで、界隈性やコミュニケーション、
交流を発生させることがコンセプトとなっています。
ゼロエミッション、ワークショップ 、エコ、体験学習など、
当時としては画期的な計画が策定されています。
現在、このエリアは「上野村ふれあい館」として機能し、観光拠点となっています。

-

業務に関するご質問やお問い合わせは、下記CONTACTページにてお願い致します。
/ contact / 業務お問い合わせ
/ Synthesize Planning /  総合計画業務一覧

-


Details »

About This Site

Details »

3D-Architecture-建築系CG-6

Details »

3D-Architecture-建築系CG-5

Details »

3D-Architecture-建築系CG-4

Details »

Graphic Design – Pamphlet & Leaflet

模型-1:南側

Details »

電源三法交付金整備計画策定調査 / 1997

プロポーザル競技プレゼンテーション-1

Details »

3D-Architecture-建築系CG-1

中間拠点施設

Details »

中之沢自然探索エリア施設整備計画 / 2004 – 2007